奥三河支部三十周年大会(再投稿版)

HOME > 活動レポート > 奥三河支部三十周年大会(再投稿版)

奥三河支部三十周年大会(再投稿版)

2011年8月7日にアップしました「奥三河支部30周年大会」の様子ですが、カテゴリを [新着情報]→[活動レポート]へ変更しました。それに伴い、大会DVDより「弦洲の世界」と追記しました。


ステージ上の様子

7月23日(土曜日)に鳳来町を中心とした奥三河支部の30回目の大会、「奥三河支部30周年大会」が行われました。

いつにも増して賑やかで、また楽しそうに演奏される会員の方々の笑顔が印象的でした。

午前10時から始まった本大会、「みちのくひとり旅」から始まり、全33演目。

奥三河支部大会プログラム

新旧メンバーらの演奏に、またゲストとして子供達の太鼓や民踊の方と一緒に演じた「白虎隊」など、会場からは笑顔と拍手あふれる1日でした。

最後に全員で演奏した「野崎小唄」では、ステージに乗り切らなかった会員さん達が客席や舞台袖で演奏するなど、30回目の節目となる演奏会は大成功でした。

[映像] 弦洲の世界 「ブランデーグラス~ああ上野駅」

ページトップへ