第33回 弦洲会中央大会

HOME > 活動レポート

第33回 弦洲会中央大会

2017年12月5日、日本特殊陶業市民会館(旧名古屋市民会館)にて第33回中央大会が行われました。

平日にも拘わらず、会場へ足を運んでいただいたお客様に感謝の気持ちを込めつつ、一人ひとり、舞台上での演奏に笑顔で精いっぱいの成果を披露しました。

映像記録が出来上がる前なので、スマホですが客席で録画したものを公開します。

ゲストとして参加していただいたアルパ(ラテンハープ)のCOCOの皆さんと、長野から毎年来て頂いている松澤毅先生。また岡山で行われた「琴伝流シニアコンサート」へ参加した2グループの演奏のダイジェストです。

 

ー 改装中 ー

「養老改元1300年祭」

2017年10月29日。岐阜県養老町で行われた「養老改元1300年祭」に各地区・有志グループ「T.O.P.S.」「Pochette」「PaFF」の3グループ合同で参加しました。

当日は台風22号の影響がどの程度するのかと心配したのですが、予想以上のお客様の前でパフォーマンス出来、とても思い出深い演奏会になりました。舞台上、テナーの楽器横で録音したものなのでバランスが悪いのですが「千年の古都」「時代」の音源になります。

2017年9月30日 第30回豊田支部大会 

1017年9月30日(土)、豊田市民文化会館(愛知県豊田市)で第30回となる豊田支部大会が行われました。

毎年、多くのお客様に会場へと足を運んでいただき、今年も盛大で楽しい演奏会となりました。

今年はテーマを「にっぽんの歌」とし、演歌・歌謡曲だけでなく雅曲や長唄なども演奏され、普段とは違う難易度の曲にも挑戦し、思い出深い舞台となりました。

 

 

当日の演奏の様子が、会館のモニター画ですが記録として残っており、提供がありました。

 

刈谷市民文化祭「芸能発表会」に弦洲会刈谷支部が参加しました。

2017年9月10日、刈谷市総合文化センターにて刈谷市民文化祭「芸能発表会」が行われました。

琴伝流大正琴弦洲会刈谷支部がこのプログラムに参加。刈谷支部所属の会員が全20曲をそれぞれのグループにて、演奏しました。また「弦洲の世界」も用意され「別れの一本杉」「兄弟船」が披露されました。

下段動画はプログラム2番、今川琴友会・雁ヶ音会第一の合同による「愛して愛してあいしちゃったのよ」、春琴会第一による「さくら貝の唄」の一部を公開したもです。

ページトップへ