第37回「春の宴」(2021年4月29日)

第37回「春の宴」(2021年4月29日)

新型コロナウイルス感染症・・・変異種が広がり多くの活動に影響を受けています。5月23日から発動されている緊急事態宣言により各地域の会場の使用が禁止されたりと気分も落ち込み気味です。

その緊急宣言が発動される4週間前の4月29日、弦洲会の定例演奏会となる「春の宴」、その第37回が開催されました。

 

 

コロナ禍での演奏会という事もあり、多くの工夫がされました。午前・午後を第一部・第二部と完全に分け、1時間の休憩をはさみ、会員同士の交流も制限しました。

 

 

入り口には体温計や消毒液を準備し、舞台上の演者以外は全てマスク着用と今では当たり前となりつつある風景の中、コロナ終息に向けて『心の元気』を再充電するかのような「会員の笑顔」と「演奏への拍手」で包まれた温かな演奏会を終える事が出来ました。

 

 

     第37回「春の宴」ダイジェスト

 

 

シニアコンサート動画の公開

昨年、2020年11月18日に鎌倉芸術館で行われた「第14回シニアコンサート」に、弦洲会より東三河支部・豊田支部からの有志による合同グループで参加しました。新型コロナウィルスの影響を受ける形で、運営や各個人それぞれ対応に充分配慮されての演奏会となりました。難しい環境で集中し難い中での舞台でしたが、そのパフォーマンスが琴伝流のYouTube上でアップされました。

 

小牧市民まつり・・・「お家de小牧市民まつり」

小牧市で毎年夏に行われる「小牧市民まつり」は2020年の今年、コロナ感染症拡大の影響を受け中止となりました。そこで同市では 『お家de小牧市民まつり』 と題してインターネット上で2020年12月中旬から21年夏にかけて、各団体の活動を公開することになりました。弦洲会としても参加をするために動画を作成し投稿します。先だってYouTubeで公開をします。是非、お楽しみください。

弦洲会東三河支部 桜洲会「第35回 大正琴のしらべ」

2020年10月9日、昨年末より世の中を賑わせている新型コロナウイルス感染症の影響を受け、延期が続いていました弦洲会東三河支部 桜洲会の定例演奏会である「大正琴のしらべ」が行われました。

感染対策を十分にとるため、会場を砥鹿神社内の参集殿をお借りして、入場者の体温測定や消毒、ソーシャルディスタンスの確保など過去に経験のない配慮のもとで行われたこともあり、普段とは違う緊張感や気持ちの中での演奏会でしたが、30曲近い演目を一つづつ丁寧に披露していきながら、とても思い出深い一日となりました。

ミャンマー友好公演会 ~追記~

現地「ジャンクション・シティ」でのFacebookにて紹介されていました。下記にリンクを張っておきます。

 

 

Junction City (2020年1月29日投稿)

 

 

 

https://www.facebook.com/1579623925652338/posts/2556081931339861/

 

ページトップへ