第37回中央大会 開催

第37回中央大会 開催

2021年11月7日、2年ぶりとなる中央大会のすべてのプログラムを終えることが出来ました。

非常事態宣言が解除された今ですが、皆が安全・安心の中で新しい何かを作る事が出来る様にと、引き続き感染対策を十分に取りながらの演奏会を試みました。

全体を午前と午後の二部制とし、演者も完全二部制に分け一人でも多くのお客様のスペースを確保。検温と消毒の対応を準備し、一人置きの座席配置は継続、常時ドアを開放し空気の入れ替えも行いました。

多くの会員がこの二年間、我慢をしながらも目標としてきた「中央大会」の舞台で十分な成果を観衆に披露することが出来、みな満足な一日となりました。

 

当日の動画は後日、再掲載されていただきます。

奥三河支部 第40周年記念大会

2021年10月16日、少し肌寒さも感じられるようになる中、新城市文化会館にて40周年を迎える奥三河支部の支部大会が行われました。

個々のグループでの演奏だけでなく合同演奏も含めて約30曲を披露し、日頃の練習の成果を舞台の上で発表しました。静かに温かい応援を精一杯感じながらの演奏会となりました。

  

 

刈谷支部 第35周年記念大会

2021年10月11日月曜日、刈谷駅前にある刈谷市総合文化センターをお借りして、琴伝流大正琴弦洲会「刈谷支部第35周年記念大会」が開催されました。今回は一般入場をお断りしての開催となりましたが、1年以上待った舞台での演奏に緊張と高揚に包まれた演奏会となりました。

  

 

  

第33回弦洲会豊田支部大会 開催

2021年10月1日、毎年恒例となる「豊田支部大会」が行われました。

今年は新型コロナ(COVID-19)の影響を受け、開催を心配されたのですが、多くの皆さんの協力のもと、【安全】かつ【安心】を十分配慮された形で運営出来た事を嬉しく思います。

例年とは違い会員のみではありましたが、会場にロイヤルホテル「うお八」のパーティ会場をお借りして、温かく静かな応援の中、普段とは違う環境での良い緊張感に包まれた演奏会となりました。

  

 

  

 

 

第37回「春の宴」(2021年4月29日)

新型コロナウイルス感染症・・・変異種が広がり多くの活動に影響を受けています。5月23日から発動されている緊急事態宣言により各地域の会場の使用が禁止されたりと気分も落ち込み気味です。

その緊急宣言が発動される4週間前の4月29日、弦洲会の定例演奏会となる「春の宴」、その第37回が開催されました。

 

 

コロナ禍での演奏会という事もあり、多くの工夫がされました。午前・午後を第一部・第二部と完全に分け、1時間の休憩をはさみ、会員同士の交流も制限しました。

 

 

入り口には体温計や消毒液を準備し、舞台上の演者以外は全てマスク着用と今では当たり前となりつつある風景の中、コロナ終息に向けて『心の元気』を再充電するかのような「会員の笑顔」と「演奏への拍手」で包まれた温かな演奏会を終える事が出来ました。

 

 

     第37回「春の宴」ダイジェスト

 

 

ページトップへ